TOP » 旭川フットサルリーグ » リーグ概要
旭川フットサルリーグ2015リーグ概要

平成27年度 旭川フットサルプレミアリーグ2015 開催要項

1. 主旨 旭川地区におけるフットサル競技のレベルアップを図るとともに、北海道フットサル地区リーグ決勝大会
へ旭川地区代表として出場するチームを決定することを目的とする。
2. 名称 旭川フットサルプレミアリーグ 2015
3. 主催 旭川地区サッカー協会、旭川フットサル連盟
4. 主管 旭川フットサル連盟
5. 協賛 フットサルプロショップFACT、ブラジル専門セレクトショッププレミオブラジル、お弁当のきた川
6. 期日 1stステージ 平成27年4月 ~ 平成27年9月
2ndステージ 平成27年9月~ 平成28年2月
7. 会場 旭川市総合体育館、旭川市大成市民センター体育館ほか
8. 参加資格
(1)本年度公益財団法人日本サッカー協会のフットサルチーム・個人登録を完了し、道北地区に所在地を有している16歳以上(ただし、高等学校在学中の選手はこの年齢制限を適用しない。)の選手により構成されたチームであること。ただし、高校生単独チームは不可とする。なお、チームの監督は、チームを掌握し、責任を負うことのできる20 歳以上の者であること。
(2)本年度一般財団法人日本フットサル連盟に加盟したチームであり、選手は一般財団法人日本フットサル連盟加盟チームと二重に登録をしていないこと。違反のあった場合は、当該試合を棄権試合とし、以後の処置は旭川フットサル連盟規律フェアプレー委員会において処置する。未登録選手を出場させた場合も同様とする。
(3)チームの監督及び役員は、同一リーグでの選手または役員登録をしていないこと。
(4)前年度旭川フットサルクリスタルリーグに所属していたチーム及び新規プレミアリーグ参入戦に出場し参加資格を有したチームであること。
(5)外国籍選手は、1チームあたり4名まで登録でき、1試合2名まで出場できる。ただし、当該外国籍選手は、IFTC(国際フットサル移籍証明書)により移籍が完了し、出入国管理および難民認定法に定める在留資格を取得しているものとする。
9. 参加チーム数 6チーム(最大8チーム) とする。
10.競技規則
本年度、公益財団法人日本サッカー協会制定の「フットサル競技規則」による。ただし、以下の項目については、本大会の規定を定める。
(1)使用球は、フットサル用ボールとする。
(2)競技者のシューズは、靴底の接地面が飴色、白色もしくは無色透明のフットサル用シューズ(ノンマーキング表示可)のみ使用可能とする。なお、前述のシューズ以外の着色ノン・マーキングシューズ及びスパイクシューズについては認めない。
(3)試合には、選手15名以内のエントリーで交代要員は10名までとする。
(4)高校生の選手は、4名まで登録でき、ピッチに入るのは、2名までとする。外国籍選手も同様とする。
(5)ベンチに入ることのできる人数は、15名以内(交代要員10名以内、役員5名以内)とする。
(6)監督及び役員のベンチ入りの際には、旭川フットサル連盟発行のIDカードを携帯してベンチ入りする。
(7)試合開始時に最低6名の選手(監督兼務可)がいなければ試合は成立しない。6名に満たない場合は棄権扱いとし、その試合を不戦敗とする。以降の試合については大会の規律・フェアプレー委員会の裁定による。
(8)本大会において退場を命じられた選手は、次の1試合に出場できず、それ以降の処置については大会の規律・フェアプレー委員会で決定する。
(9)本大会期間中、警告を3回受けた者は、次の1試合に出場できない。その他は、旭川フットサルリーグ運営要項細則による。
(10)上記のほか、北海道フットサルリーグ運営要項による
11. 競技方法 ⑴
(1)旭川フットサルプレミアリーグは6チーム(最大8チーム)を基準として運営し、1stステージ、2ndステージのオールシーズン制とする。
(2)各ステージ1回戦総当たり制とする。
(3)試合時間は40分のプレーイングタイム(ハーフタイム5分)とする。ただし、参加チーム数によって変動する。
(4)規定の競技時間を終了して、同点の場合は引き分けとし、延長・PK戦・再試合は行わない。
(5)棄権試合の戦績は、10-0とし、そのチームは不戦敗となる。なお、次年度以降の処置については、旭川フットサル連盟規律・フェアプレー委員会において決定する。
(6)リーグ戦の勝点は、勝ち3、引分け1、負け0 とする。
(7)リーグ戦の順位決定方法は、勝点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。ただし、勝点合計が同じ場合は、当該チーム間の対戦成績、当該チーム間の得失点差、当該チーム間の総得点、オールステージ内での総得失点差、オールステージ内での総得点数、警告(1ポイント)と退場(3ポイント)の合計ポイントの少ない順序により決定する。 なお、すべて同じ時には、抽選により決定する。
12.入 替 ⑴
本年度総合成績1部リーグ最下位のチームは、クリスタルリーグ1位のチームより昇格希望があるか北海道リーグより降格チームがあった場合のみ入れ替え戦を行い、勝者が次年度の旭川フットサルプレミアリーグに参加できるものとする。敗者はクリスタルリーグ降格とする。
13. 参加料等 ⑴
(1)参加料は1stステージ、2ndステージ開始前に納入のこと。
(2)参加料(各登録料含む、ただし旭川フットサル連盟個人登録料は別途。)は、以下の通りとする。
1stステージ 28,000円 (各登録料込) 納入期日 : 4月30日
2ndステージ 30,000円 (各登録料込) 納入期日 : 10月30日
旭川フットサル連盟個人登録料 1名につき300円 納入期日 : 12月30日
(3)(一財)日本フットサル連盟の個人登録料(2000円×選手登録人数)を12月30日までに納入すること。
14. 参加申込 ⑴
(1)参加申込書に記載し得る人員は、役員5名、選手24名までとする。
(2)参加申込は、所定の申込書(Excel)にて必要事項を記入し、期日までに旭川フットサル連盟宛にE-mailで送付すること。
(3)選手が高校生の場合は、親権者の承認印のある親権者同意書を旭川フットサル連盟に郵送すること。
本申込締切日 平成27年4月15日(水)17:00必着
※本申込の際は、フットサル個人登録番号を必ず記載のこと
15. 組合せ
組み合わせは、旭川フットサル連盟において抽選し決定する。なお、組み合わせ結果は旭川フットサル連盟の公式ホームページにて確認すること。
16. 審判及びオフィシャル
(1)主審、は旭川フットサル連盟から派遣を行う。
(2)各チームは公認審判員(フットサル4級以上)を2名以上帯同させること。
第2審判・第3審判・タイムキーパーは各チーム所属の審判資格保有者の中から、その任にあたるものとする。
なお、帯同審判がいない場合、不帯同審判料として、1名につき10,000円を各ステージごとに納めること。
17. 追加・変更登録
選手及び役員の追加・変更については、所定の様式により当該チームの試合7日前までに旭川フットサル連盟リーグ運営委員会へ届け出し、追加の確認を受けた後でなければ、リーグに出場することは出来ない。
18. 選手移籍
登録選手が他チーム(上部又は下部のリーグ含む。)へ移籍する場合は、現所属チームの承諾書及び移籍届けをリーグ運営委員長へ提出すること。ただし、移籍承認後、リーグには次の1試合出場することは出来ない。なお、移籍できる期間は11月30日までとする。
19. ユニフォーム
(1)公益財団法人日本サッカー協会「ユニフォーム規程」を遵守し正副2着携行すること。
(2)ユニフォーム(シャツ、ショーツ、ストッキング)はフィールドプレーヤー・ゴールキーパーとも正のほかに副として正と色彩が異なり判別しやすいユニフォームを参加申込書に記載すること。
(3)チームのユニフォームのうち、シャツの色彩は審判員が通常着用する黒色と明確に判別しうるものでなければならない。
(4)シャツの前面・背面に選手番号をつけること。なお、選手番号については1 から99 までの整数とし、0 は認めない。必ず本大会参加申込書に記載された選手固有の番号を付けること。
20. 会場運営 ⑴
(1)会場準備及び後片づけはチーム割当てとし、責任を持って行う。
(2)競技記録は割当てチームからオフィシャル2名を差出し、その業務を行う。
21. 監督会議 ⑴
⑵期 日 平成27年4月未定
場 所 未定
22. 開閉会式 ⑴
(1)開会式 行わない。
(2)閉会式 平成28年4月(日程は別途通知とする)に行う。なお、リーグ加盟チームは、必ず閉会式に出席のこと。
23. 表彰及び表彰式
(1)団体表彰 年間総合成績 優勝、準優勝、フェアプレー賞
(2)個 人 賞 得点王
(3)ベストファイブ賞(年間)
24. 負傷及び事故の責任
(1)大会期間中の負傷及び事故の責任は、当該チームが負うものとする。なお、医師及び救急用具の準備は各チームの責任において行うこととする。
(2)参加チームはスポーツ保険又はそれに準じた保険に加入していること。
25. その他 ⑴
(1)参加チームはフットサル選手証を必ず持参し、提示すること。持参がない選手は、試合の出場を認めない場合がある。
(2)選手の資格に関して不都合な行為等があった場合、そのチームの出場を停止する。
(3)交代要員は、交代の直前を除きユニフォームと異なるビブスを着用すること。
(4)震災等、不測の事態が発生した場合には、本大会運営委員会において協議の上対処する。中断・中止・延期することがあることを留意のこと。
(5)競技時間中、ウォーミングアップ時間中を問わず、自分のベンチにおいては摂取可能な飲料は「水のみ」に限定する。
(6)優勝チームには、北海道フットサル地区リーグ決勝大会への出場を義務づける。 以上


平成27年度 旭川フットサルクリスタルリーグ2015 開催要項
1. 主旨 旭川地区におけるフットサル競技の発展を図るとともに、プレイングタイムによる本格フットサルの普及を目的とする。
2. 名称 旭川フットサルクリスタルリーグ 2015
3. 主催 旭川地区サッカー協会、旭川フットサル連盟
4. 主管 旭川フットサル連盟
5. 協賛 フットサルプロショップFACT、ブラジル専門セレクトショッププレミオブラジル、お弁当のきた川
6. 期日 1stステージ 平成27年4月 ~ 平成27年9月
2ndステージ 平成27年9月~ 平成28年2月
7. 会場 旭川市総合体育館、旭川市大成市民センター体育館ほか
8. 参加資格
(1)本年度公益財団法人日本サッカー協会のフットサルチーム・個人登録を完了し、道北地区に所在地を有している15歳以上の選手により構成されたチームであること。ただし、高校生単独チームは不可とする。なお、チームの監督は、チームを掌握し、責任を負うことのできる20 歳以上の者であること。
(2)本年度一般財団法人日本フットサル連盟に加盟したチームであり、選手は一般財団法人日本フットサル連盟加盟チームと二重に登録をしていないこと。違反のあった場合は、当該試合を棄権試合とし、以後の処置は旭川フットサル連盟規律フェアプレー委員会において処置する。未登録選手を出場させた場合も同様とする。
(3)チームの監督及び役員は、同一リーグでの選手または役員登録をしていないこと。
(4)外国籍選手は、1チームあたり4名まで登録でき、1試合2名まで出場できる。ただし、当該外国籍選手は、IFTC(国際フットサル移籍証明書)により移籍が完了し、出入国管理および難民認定法に定める在留資格を取得しているものとする。
(5)新規募集のため、前年度旭川フットサルリーグの戦績は考慮しない。
9. 参加チーム数 1部6チーム(最大8チーム)とする。参加数が多い場合は2部制とする
10.競技規則
本年度、公益財団法人日本サッカー協会制定の「フットサル競技規則」による。ただし、以下の項目については、本大会の規定を定める。
(1)使用球は、フットサル用ボールとする。
(2)競技者のシューズは、靴底の接地面が飴色、白色もしくは無色透明のフットサル用シューズ(ノンマーキング表示可)のみ使用可能とする。なお、前述のシューズ以外の着色ノン・マーキングシューズ及びスパイクシューズについては認めない。
(3)試合には、選手18名以内のエントリーで交代要員は13名までとする。
(4)高校生の選手は、6名まで登録でき、ピッチに入るのは、3名までとする。外国籍選手も同様とする。
(5)ベンチに入ることのできる人数は、18名以内(交代要員13名以内、役員5名以内)とする。
(6)試合開始時に最低5名の選手(監督兼務可)がいなければ試合は成立しない。5名に満たない場合は棄権扱いとし、その試合を不戦敗とする。以降の試合については大会の規律・フェアプレー委員会の裁定による。
(7)本大会において退場を命じられた選手は、次の1試合に出場できず、それ以降の処置については大会の規律・フェアプレー委員会で決定する。
(8)本大会期間中、警告を3回受けた者は、次の1試合に出場できない。その他は、旭川フットサルリーグ運営要項細則による。
(9)上記のほか、北海道フットサルリーグ運営要項による
11. 競技方法 ⑴
(1)旭川フットサルクリスタルリーグは1部6チーム(最大8チーム)を基準として運営し、1stステージ、2ndステージのオールシーズン制とする。
(2)各ステージ1回戦総当たり制とする。
(3)試合時間は最大30分のプレーイングタイム(ハーフタイム5分)とする。ただし、チーム数により変動する。
(4)規定の競技時間を終了して、同点の場合は引き分けとし、延長・PK戦・再試合は行わない。
(5)棄権試合の戦績は、10-0とし、そのチームは不戦敗となる。なお、次年度以降の処置については、旭川フットサル連盟規律・フェアプレー委員会において決定する。
(6)リーグ戦の勝点は、勝ち3、引分け1、負け0 とする。
(7)リーグ戦の順位決定方法は、勝点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。ただし、勝点合計が同じ場合は、当該チーム間の対戦成績、当該チーム間の得失点差、当該チーム間の総得点、オールステージ内での総得失点差、オールステージ内での総得点数、警告(1ポイント)と退場(3ポイント)の合計ポイントの少ない順序により決定する。 なお、すべて同じ時には、抽選により決定する。
12.入 替 ⑴
(1)本年度総合成績1部リーグ6位のチームは、2部リーグ1位のチームと自動的に入れ替えを行う。
※2部制の場合のみ。
(2)本年度総合成績1部リーグ5位のチームは、プレミアリーグより降格チームがあった場合のみ、入替戦を行ない勝者が次年度の旭川フットサルクリスタル1部リーグに参加できるものとする。敗者は2部リーグ降格とする。
※2部制の場合のみ
13. 参加料等 ⑴
(1)参加料は1stステージ、2ndステージ開始前に納入のこと。
(2)参加料(各登録料含む、ただし旭川フットサル連盟個人登録料は別途。)は、以下の通りとする。
1stステージ 28,000円 (各登録料込) 納入期日 : 4月30日
2ndステージ 30,000円 (各登録料込) 納入期日 : 10月30日
個人登録料 1名につき300円 納入期日 : 12月30日
14. 参加申込 ⑴
(1)参加申込書に記載し得る人員は、役員5名、選手24名までとする。
(2)参加申込は、所定の申込書(Excel)にて必要事項を記入し、期日までに旭川フットサル連盟宛にE-mailで送
付すること。
(3)選手が高校生の場合は、親権者の承認印のある親権者同意書を旭川フットサル連盟に郵送すること。
本申込締切日 平成27年4月15日(水)17:00必着
※本申込の際は、フットサル個人登録番号を必ず記載のこと
15. 組合せ
組み合わせは、旭川フットサル連盟において抽選し決定する。なお、組み合わせ結果は旭川フットサル連盟の公
式ホームページにて確認すること。
16. 審判及びオフィシャル
(1)主審、は旭川フットサル連盟から派遣を行う。
(2)各チームは公認審判員(フットサル4級以上)を2名以上帯同させること。
第2審判・第3審判・タイムキーパーは各チーム所属の審判資格保有者の中から、その任にあたるものとする。
なお、帯同審判がいない場合、不帯同審判料として、1名につき10,000円を各ステージごとに納めること。
17. 追加・変更登録
選手及び役員の追加・変更については、所定の様式により当該チームの試合7日前までに旭川フットサル連盟リ
ーグ運営委員会へ届け出し、追加の確認を受けた後でなければ、リーグに出場することは出来ない。
18. 選手移籍
登録選手が他チーム(上部又は下部のリーグ含む。)へ移籍する場合は、現所属チームの承諾書及び移籍届け
をリーグ運営委員長へ提出すること。ただし、移籍承認後、リーグには次の1試合出場することは出来ない。なお、
移籍できる期間は11月30日までとする。
19. ユニフォーム
(1)公益財団法人日本サッカー協会「ユニフォーム規程」を遵守し正副2着携行すること。
(2)ユニフォーム(シャツ、ショーツ、ストッキング)はフィールドプレーヤー・ゴールキーパーとも正のほかに副として正と色彩が異なり判別しやすいユニフォームを参加申込書に記載すること。
(3)チームのユニフォームのうち、シャツの色彩は審判員が通常着用する黒色と明確に判別しうるものでなければならない。
(4)シャツの前面・背面に選手番号をつけること。なお、選手番号については1 から99 までの整数とし、0 は認めな
い。必ず本大会参加申込書に記載された選手固有の番号を付けること。
20. 会場運営 ⑴
(1)会場準備及び後片づけはチーム割当てとし、責任を持って行う。
(2)競技記録は割当てチームからオフィシャル2名を差出し、その業務を行う。
21. 監督会議 ⑴
⑵期 日 平成27年4月未定
場 所 未定
22. 開閉会式 ⑴
(1)開会式 行わない。
(2)閉会式 平成28年4月(日程は別途通知とする)に行う。なお、リーグ加盟チームは、必ず閉会式に出席のこと。
23. 表彰及び表彰式
(1)団体表彰 年間総合成績 優勝、準優勝、フェアプレー賞
(2)個 人 賞 得点王
(3)ベストファイブ賞(年間)
24. 負傷及び事故の責任
(1)大会期間中の負傷及び事故の責任は、当該チームが負うものとする。なお、医師及び救急用具の準備は各チームの責任において行うこととする。
(2)参加チームはスポーツ保険又はそれに準じた保険に加入していること。
25. その他 ⑴
(1)参加チームはフットサル選手証を必ず持参し、提示すること。持参がない選手は、試合の出場を認めない場合がある。
(2)選手の資格に関して不都合な行為等があった場合、そのチームの出場を停止する。
(3)交代要員は、交代の直前を除きユニフォームと異なるビブスを着用すること。
(4)震災等、不測の事態が発生した場合には、本大会運営委員会において協議の上対処する。中断・中止・延期することがあることを留意のこと。
(5)競技時間中、ウォーミングアップ時間中を問わず、自分のベンチにおいては摂取可能な飲料は「水のみ」に限定する。
(6)優勝チームは昇格希望がある場合、旭川プレミアリーグへの参入戦出場を認める。 以上


平成27年度 旭川フットサルEリーグ2015 開催要項

1 名称旭川フットサルEリーグ
2 主催旭川地区サッカー協会、旭川フットサル連盟
3 主管旭川フットサル連盟
4 開催期間2015. 5月 ~2016. 3月
5 協賛フットサルプロショップ FACT ブラジル専門セレクトショップ プレミオブラジル お弁当のきた川
6 会場旭川市総合体育館   旭川大学体育館  大成市民センター  他
7 参加資格1) 平成25年度旭川フットサル連盟個人登録金\300-を納入し登録を完了していること。
2) 本大会フットサル登録を完了したチームであること。
3) 参加選手は他のチームと二重登録されていないこと。
4) 参加選手は13歳以上であること。12歳未満の選手登録は認めない。(但し、中学生はその限りではない)
5) 18歳未満の選手登録の際は保護者の同意を得ること。
6) 外国籍選手は3名までの登録であること。
7) チーム代表者は責任の負える成人であること。
8) 開催期間中の追加選手登録は可とする。
9) 1チームの選手登録は8名以上とし、上限は無しとする。
10) 北海道フットサルリーグ・旭川フットサルクリスタルリーグの登録選手ではない者
8 競技方法1) SSステージは4~6チームからのグループリーグを行う。SSステージ結果を基に、各グループの順位別リーグのAWステージを行う。
2) 各ステージ1回戦総当たり制とする。
3) 試合時間は、24分のランニングタイムとする。(12分ー3分ー12分)
4) 棄権試合の戦績は、10-0とし、そのチームは不戦敗となる。なお、次年度以降の処置については、
旭川フットサル連盟リーグ運営委員会において決定する。
9 競技規則1) (財)日本サッカー協会制定競技規則に準じる。
2) リーグ運営委員会公認球を使用する。
3) 選手交代はメンバー表に記載された交代要員内で自由に行うことが出来る。
4) 警告を2回受けた選手(累積枚数)・退場を受けた選手は次の1試合の出場を停止する。その後の処置についてはリーグ運営委員会にて協議決定する。
5) やむを得ない場合以外の試合棄権行為があった場合についてはリーグ運営委員会にて協議し、当該チームにペナルティを課すものとする。
6) 選手登録などに関し不正行為等が確認された場合は没収試合とし、その後の処置はリーグ運営委員会に
て協議し通達する。
7) ベンチ入出来る登録選手上限人数を22名までとする。
8) チーム登録時に記載されたチーム関係者以外のベンチ入は出来ない。
10 追加・変更登録1) 選手及び役員の追加・変更については、所定の様式により、当該チームの試合1週間前までに
リーグ運営委員会に提出しなけば、出場することはできない。
11 選手追加と移籍1) 登録選手が他チームに移籍する場合は、移籍届をリーグ運営委員会
に提出し、承認を得ること。但し、移籍承認後の1試合目には出場することができない。
なお、移籍できる期限は11月30日までとする。
12 順位の決定法リーグ戦の順位決定方法は、勝点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。
ただし、勝点合計が同じ場合は、当該チーム間の対戦成績、当該チーム間の得失点差、当該チーム間の総得点、シーズン
内での総得失点差、シーズン内での総得点数の順序により決定する。
尚、すべて同じ時には、抽選により決定する。
※)勝点( 勝3 引分1 負0 )
13 昇格・降格
AWステージ終了後は、各リーグ優勝チームが自動昇格し、最下位チームが自動降格とする。
14 ユニフォーム1) ユニフォームは必ず各チーム統一したのもを2着(正・副)用意すること。但し、ゴールキーパーは異なった色のユニフォームであること。
※ユニフォームは1着(正)でも申込みは可能とする。但し、リーグ終了時までにもう1着(副)用意することが望ましい。
2)
3) 番号は原則として1番からの通し番号とすること。
4) ユニフォームが1着のみのチーム同士で、対戦チームが同系色の場合は、ビブスでも可とする。
平成27年度 旭川フットサルEリーグ2015 開催要項
SSステージ終了後、SSステージ結果を基に、AWステージは、各グループの順位別リーグとする。
番号は固有番号とし、申込み以後の変更については別紙登録変更用紙に記入し当該チームの試合1週間前までに申し出ること。
※ 胸番10×10cm 背番30×30cmのゼッケン使用も認める。但し、ピン・テープの使用は認めない。
5) 審判と類似色のユニフォームの上着を用いることは出来ない。
(類似色の可能性があるチームは登録時に運営委員会へ通達すること)
6) 原則として日本サッカー協会のユニフォーム規定に依る。(例外を認める場合はリーグ運営委員会で精査したうえで許可をだす)
15 帯同審判1) 参加チームは公認審判員(フットサル4級以上)を1名以上帯同させること。
※帯同審判員がいない場合、不帯同審判費として1名につき8,000円を各ステージごとに納めること。
2) 審判員としての服装・用具(審判証・ワッペン・ホイッスル等)が不備な場合、運営委員会より所属チームに対してペナルティを課す。
16 監督会議期日平成27年4月下旬 予定
場所未定
17 開閉会式1) 開会式は行わない
2) 平成28年4月(日程は別途通知とする)に行う。なお、リーグ加盟チームは、必ず閉会式に出席のこと。
18 表彰及び表彰式1) 団体表彰 年間総合成績 優勝、準優勝、フェアプレー賞
2) 個 人 賞 得点王
3) ベストファイブ賞(年間
19 負傷及び事故の責任1)
2) 参加チームはスポーツ保険又はそれに準じた保険に加入しているこ
16 その他1) 参加チームはフットサル選手証を必ず持参し、提示すること。持参がない選手は、試合の出場を認めない場合がある。
2) 選手の資格に関して不都合な行為等があった場合、そのチームの出場を停止する。
3) 交代要員は、交代の直前を除きユニフォームと異なるビブスを着用すること。
4)
5) 競技時間中、ウォーミングアップ時間中を問わず、自分のベンチにおいては摂取可能な飲料は「水のみ」に限定する。
6) 駐車場は開催施設・主催者指定の駐車場所へ厳守願います。
17 参加料1) 参加料は、1stステージ、2ndステージ開始前に納入のこと。
2) 参加料(登録料含む)は、以下の通りとする。
リーグ参加料1stステージ\15000円納入期日 4月30日
2ndステージ\17000円納入期日 9月30日
不帯同審判費 1stステージ1名につき \8000円納入期日 4月30日
2ndステージ1名につき\8000円納入期日 9月30日
旭川フットサルリーグ個人登録料1名につき\300円納入期日 4月30日
※ 新規登録選手がいる場合は、旭川フットサルリーグ個人登録料がかかります。
※ 棄権等により除名された場合でも返金は行わない。

【支払先】
旭川信用金庫 近文支店 普通 0420568 
旭川フットサル連盟 経理 梅原拡樹(ウメハラヒロキ)
※振込手数料は、ご負担お願いいたします。
※振込者名はチーム名でお願いいたします。
大会期間中の負傷及び事故の責任は、当該チームが負うものとする。なお、医師及び救急用具の準備は各チームの責任
において行うこととする。
震災等、不測の事態が発生した場合には、本大会運営委員会において協議の上対処する。中断・中止・延期することがある
ことを留意のこと。
ージを行う。
可をだす)

2012/3/20 火曜日